本文へスキップ


                               
                               
                                                        
                                                        

沿革

大正4年4月
現在地において大枝辰次郎が、足踏式活版印刷機をもって吹田堂大枝印刷所を創業。
昭和17年5月
企業整備令公布。数多くの業者が転廃業を余儀なくされた中で、幸いにも吹田市内で唯一の業者として存続を許される。
昭和20年8月
強制疎開を命ぜられ、休園状態であった市立吹田幼稚園に工場を移転。終戦を迎え旧建物に復帰。
昭和28年3月
法人に改組。社名を大枝印刷株式会社とし、代表取締役社長に大枝朗就任。資本金80万円。
昭和38年2月
工場新築(鉄筋2階建)。
昭和39年10月
資本金を160万円に増資。
昭和40年6月
大枝朗、西ドイツの印刷機械メーカー、ハイデルベルグ社で、印刷技術の研修を受ける。(1ドル360円の単一為替レート下)
昭和42年3月
平版印刷を始める。
昭和42年6月
工場増築(3階建)。
昭和53年3月
株式会社設立25周年を迎える。
昭和53年7月
本社新築完成(鉄筋4階建)。これを記念して、社屋前に《時計と、この年4月に吹田市民の木として指定を受けた、くすの木》を配した。
昭和56年2月
試験的ながらコンピュータを使い始める。
昭和56年5月
大枝正人、ハイデルベルグ社で印刷技術の研修を受ける。
昭和58年4月
資本金を350万円に増資。
昭和62年5月
代表取締役社長に大枝正人就任。
昭和62年6月
電算写植組版システム導入。
平成1年11月
吹田ケーブルテレビジョン株式会社の創業に伴い出資。
平成2年4月
活字から電算写植に全面移行を発表。
平成2年6月
創業以来墨守してきた活版印刷に訣別。
平成3年7月
資本金を700万円に増資。
平成5年7月
セコム株式会社に警備を委託。
平成7年1月
阪神淡路大震災(活字版と訣別していた幸運を喜ぶ)。
平成7年3月
資本金を1,000万円に増資。
平成8年4月
創業80年を迎える。
平成8年5月
工場改築。前壁面に《絵画など》の展示をはじめる。
平成9年4月
インターネットホームページ関連業務開始。
小社ホームページ開設、oeda.com取得。
平成13年11月
時間割システム開発事業開始。
平成15年3月
株式会社設立50周年を迎える。
平成15年9月
インターネット管理システム事業開始。
平成15年9月
エコアクション21パイロット事業参加。
平成16年3月
エコアクション21認証取得。
平成17年3月
個人情報保護基本方針策定。
平成18年11月
プライバシーマーク(A190641(01))取得。
平成18年12月


吹田市ビジネスプランコンテスト「Viva! Venture吹田2006」において「情報漏洩に対する安全性の高いCD=ProTexSystem」を発表。優秀賞受賞。データ所有者判明システム「O-Lineシリーズ」を特許申請(特願2006-329276)。
平成19年4月
ProTexSystem採用の名簿CD第1号を関西在の私立大学様の校友会名簿として納入。
平成21年3月
個々の発送先(高校)へ適合した、個別の入試要項を発送する時などに利用できる齟齬防止システム「発送先照合装置」を特許申請。(特願2009-0506
 40)
同年  6月
「システム1/10」を利用した入試要項発送業務を在京総合私立大学様から初受注。
同年  7月
「システム1/10」が大阪府の経営革新計画に承認される。
平成22年6月
「Simproof System」を利用した入試要項印刷業務を在京総合私立大学様から初受注。
平成26年9月
「両面バリアブル印刷を付加した資料作成・印刷・配送一貫システム」が中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業に採択される。
平成27年10月
エコアクション21 10周年記念大会にて長年の活動に対して感謝状受賞。