本文へスキップ


                               
                               
                                                        
                                                        

エコアクション21Eco-Action 21


環境方針 事業の概要 環境目標とその実績 主な環境活動計画の内容
環境活動の取組結果の評価 環境関連法規への違反、訴訟等の有無
代表者による全体評価及び見直しの結果

環境活動の取組結果の評価

二酸化炭素排出量:削減目標達成

 二酸化炭素排出量全体で目標対比で15%減と大幅な削減を達成できたことは評価できるが、特に電力使用量については東日本大震災の福島原発の事故による影響で電力不足対策が求められ、節電への取り組みを厳しくせまられたことの結果でもある。現在原発再稼働の見通しが立たない状況が続き、各地の原発稼働率が低下し続けて0になるかもしれなく、2010年の猛暑を想定した電力不足は節電効果を見込んでも16%程度になる見通しで、一層の節電対策が要求されることを踏まえ、冷暖房の設定温度見直しを含め節電への取り組みを推し進めていくことが必要である。ガソリン使用量についても大幅な減になっているが、売上低迷に関連している営業活動の低下が要因となっており、評価できる内容ではなく、燃費をおさえた効率のよい運転を心掛ける取り組みが必要である。
水の使用量:削減目標達成
 水の使用量についても9%と大幅な削減を達成でき、節水への意識づけが全員になされている結果だと思われる。
一般廃棄物:削減目標達成
 一般破棄物については目標の削減を達成し、廃棄物の分別も徹底されており問題はない。
事務用紙使用量:削減目標達成
 事務用紙使用量は、両面使用が行き渡り、またメールの活用も進み大幅な削減に繋がっている。
 グリーン調達については、切換品数の少ない状況なかで、目標を達成することができていることは評価できるが、今後は内容について再検討を行い、目標の見直しを行うことも必要。
 事業所周辺の清掃に関しては、ほぼ毎日実施されており問題はない。
 再生紙使用のPR活動については、今年度よりお客様に再生紙使用の提案をすることを目標に掲げてきたが、大震災の影響による再生紙不足の状況が発生した関係もあり、今年度は活動を見送った。次年度より改めて取り組みについて検討し直す。