本文へスキップ


                               
                               
                                                        
                                                        

エコアクション21Eco-Action 21


環境方針 事業の概要 環境目標とその実績 主な環境活動計画の内容
環境活動の取組結果の評価 環境関連法規への違反、訴訟等の有無
代表者による全体評価及び見直しの結果

代表者による全体評価及び見直しの結果

 エコアクションの認証数は全国で7294件を数えていますが、現在のエネルギー事情を鑑みると決して多い数とは言えず、パイロット事業から取り組んでいる小社としても、自らだけでなく、周りの人々へも環境への意識を高めていくよう働きかける必要があるように感じております。具体的方策としては、お客様へ再生紙利用をご案内することを地道に行なっていくことだと考えていますが、行政なども、エコアクション認証企業に何らかのアドバンテージを与えることも重要ではないでしょうか。
 一方、社員の環境への意識は、「慣れ」による意識の低下が懸念されると、一昨年来考えておりましたが、皮肉にも東日本大震災の発生による電力供給力の逼迫した状況を目のあたりにして、意識が高まっているようです。
 取り組みの成果は、前述のように目標以上に上がっており、社員全員の努力に敬意を表するところです。
 先日、大手企業の工場管理者のお話を伺ったところ、使用電力の軽減を当局から強く要請されているが、操業調整や休日操業へのシフトなどに頼らず、使用機械を節電対策を施した最新機械に入れ替えることにより、省エネだけでなく、操業時間の短縮、作業効率のアップを計っているとのことでありました。
 業績好調のその企業の好例にならい、小社も業績をあげ、予算をかけて生産効率の向上を目指せるように努めなければならないと、こころを新たにしているところです。

                      平成24年3月31日
                         代表取締役 大 枝 正 人